AGAとDHT

よく男性ホルモンが多い人は抜け毛が多いといわれていますが、これは正確には政界ではありません。男性ホルモンが変質してDHTに変換されてしまうと、髪の毛の寿命が短くなってしまうことで、薄毛となってしまうのです。

 

このような状態の人のことをAGAと言いますが、働き盛りの日本人男性のほとんどがこのAGAで悩みを抱えているといわれており、その人口は1000万人を超えているといわれています。

 

AGA対策として有効なのがフィンペシアやプロペシアなどのAGA阻止薬です。くすりエクスプレスなどの個人輸入サイトで簡単に購入できるようになりました。年々その利用者数が増えていることから、これからもこのマーケットはどんどん大きくなっていくと予想されています。

 

AGA阻止薬は男性ホルモンであるテストステロンが5aリダクターゼという酵素によってDHTに変換されるのを阻止する働きがあるとされています。

 

多くの男性はAGAで悩んでいてもその解決に一歩踏み出すことができる人が少ないようです。生活習慣などが原因となっていると、「今さら生活習慣を変えることなどできない」とあきらめてしまう人がほとんどですが、くすりエクスプレスを利用することで、生活習慣を変えることなくAGA対策を始めることができます。

 

男性ホルモンが多い人でもDHTが少なければ薄毛にはなりにくいので、一度フィンペシアなどを試してみてはいかがでしょうか?

 

ただ、DHTも悪い働きばかりではないようです。確認できているDHTの働きとしては男性器の形成があり、DHTが極端に少ない人は短小などの症状で悩んでいるようです。何事もバランスが大切のようですね。