うつ病とEDの関連性と改善方法

日本人のED人口が増え続けているといわれています。少子高齢化のこの時代、個人の問題ではなく社会の問題へと発展してきているのです。

 

くすりエクスプレスでもうつ病とEDの関連性については、紹介されており、精神的なストレスから、EDの症状が出ることも確認されているようです。

 

くすりエクスプレスではうつ病患者がEDを発症する割合は2.5倍にも上ると紹介されています。うつ病になると、朝起きるのがとてもつらくなり、仕事へ行くなどの精力的な活動が難しくなるといわれています。

 

自覚症状にも個人差があり、知らないうちにうつ病にかかっているというのが一般的です。しかも、うつ病の若年化も懸念されてきており、高齢者がかかるイメージがありますが、今では20代でもうつ病を発症するケースが増えてきています。

 

EDはテストステロンというホルモンが減少することでも、症状が表れることがあり、このホルモンは老化とともに減少することが知られています。しかし、若い男性でも、このホルモンが減少してきているようです。

 

これは、生活習慣にも左右されることがわかっており、老化だけでなくストレスからもホルモンバランスが乱れるというのです。

 

ホルモンバランスの乱れから、EDになってしまった人は、ED治療薬で一時的な症状の改善は見込むことができるかもしれませんが、根本的な解決にはなりません。